山田明義 Schedules ホーム »2006年12月
2006年12月の記事一覧

サヨナラ2006年  

あっという間に2006年ともサヨナラだね。
今年は後半戦が早かったなあ。
特に11月、12月はすごく充実していたからか、
気がつけば次々と日々に追われてました。

レコーディングもなんとかギリギリ風邪をひいて
しまう前に歌入れは終わったものの、
その後、ラジオやら阿吽やら続いてたから
完治しないまま大晦日を迎えることに。

キングプロテア


そうそう、28日にね、撮影やりました。
前日、当日と、行きつけの美容院に通って、
我がカリスマ美容師にキメてもらってね、
いつもとは違うショットが撮れたと思うので、
楽しみにしててください。
写真は撮影時に使用した花。
さあ、どんな絵になるのかお楽しみに。


んで、29日は今年最後のライブ、2本立て!
overall+結成当時からすごくお世話になった
元TURNINGの竹下さんに誘っていただいて、
代々木Laboにて念願のワタナベカズヒロとのタイバン!
あの人には今でも憧れを抱いてます。
ありえない存在感だ。
カズヒロに教わったこともたくさんあるし。
ステージの狭さに違和感を感じるものの、
Laboの驚異の照明効果がさらに存在感を浮き立たせて
くれていたな。最高にかっこよかった。

1.Stars
2.あの山の上から
3.サイレン
4.僕の空

その後、下北の女王サツキ様の下へと寒い中移動。
ここでは今年2マンを成し遂げたキュウも参戦する
年末8バンド構成のお祭り企画。
会場はもう酔っ払いやら叫ぶ奴やらでちょっと楽しい
雰囲気だった。
overは年末恒例のメドレーでトリを飾る。
阿吽もあったからね、実は阿吽もこの年末メドレーも
リハスタたった1回3時間で仕上げたんだよ(笑)
そこらへんも、over驚異の実力(笑)
サツキ曰く「カラオケのメドレーみたいだった」

1.ラストアルバムSE
2.ラストアルバム(2サビ)
3.サイレン(1コーラス)
4.ワンダーランド(1コーラス)
5.ノーアイデア(1コーラス)
6.1時(1サビ)
7.カレン(イントロ~2Bメロ~最後まで)
8.あの恋の歌(1コーラス)
9.カクレンボ(1サビ)
10.リミット(Gソロ~アウトロ手前)
11.あの山の上から(イントロ~2サビ)
12.Waiting(1コーラス)
13.サイレン(アウトロ)

MC挟んで

14.はじまりのうた(フル)


overの代表曲である、サイレンや1時、あの山など
を盛り込みながらも、普段やらないマニアックな曲(笑)
も披露。しかしなんといっても今回の目玉はWaitig!!
超アツイ。
最近のoverしか見てない方は知らない曲もあったとは
思いますが、overのハイクオリティな楽曲はどれも
捨てがたいもので、今後、来年はもっとたくさんの
曲ができるライブを実現させたいと実感しました。

ライブ終了後は残った人たちで鍋パーティー。
キュウ斉藤とアレやコレを話しつつ、
来年への抱負を語ったいい夜だった。
途中で某ライブハウスの某H氏が参戦して
バンドとは、業界とは、なんて熱いテーマに花咲いた。

今年もいろーんな人にお世話になった1年でした。
overの核である吉田くんはもちろん、
心強いサポートメンバーのタナカヨシトモ、宮崎琢、
ほんとにお疲れ様。来年もよろしくね。

それからそれこそ日々、毎日語り合いながら
俺たちのケツを叩いてくれているマネージャーにも感謝。
来年も共に戦って行きましょう。

そして忘れてはならぬ、いつも支えてくれるリスナーの
みんな。振り返れば今年はoverとしては結構ライブやったんじゃ
ないかなと思います。出番が早かろうと遅かろうと、
雨だって風だって駆けつけてくれたみんながいて初めて、
俺たちは好き放題歌っていられるんです。
本当にありがとう。でも来年はもっと支えてくださいね。

んで、
阿吽チームや刺激しあえた音楽人。
お世話になったというよりは、それぞれがさ、
迷わずに自分のやりたいことを突き詰めていてくれたこと、
常に戦う意識で日々を過ごして生きていてくれたこと、
そんなみんなの姿勢にどれだけ励まされたかわからない。
同志であり、ライバルであり。
頼もしい限りです。来年も戦いは続くよ、
追いつけ追い越せ、シーソーゲームでよろしく。

ライブハウスや業界の方々にも感謝。
来年もよろしくお願いしますとは言いながら、
どう転ぶかは俺次第なんだからって言い聞かせてます。
コイツ面白いなってね、でも
そういうパワーが最終的に人々の心に届くために、
自分だけじゃできないこともありますから。
今後も力を貸してやろうって思ってもらえるような、
そんな人間であれるよう頑張ろうと思います。

あ、もちろん両親、兄弟にも感謝ね。
年末の忙しい時に重たいダンボールをドサっと
送ってくれてありがとう。
おそらく家族で食べに行ったであろう「くら寿司」で
皿5枚で回るルーレットで手に入れたくら寿司グッズ
「ミニヨーヨー」も同封してくれてありがとう。
わりと笑えました。

さあ、いよいよ2007年。
抱負はね、
「やったことのないことに怖がらず、
 できない、と言わないようにする」

"できなかった"、はOKだけど、
"できないかも"、はタブーだ。
もちろん、"敢えてやらない"、はアリだがね。

そんな気持ちで、挑戦してきたいと思います。
曲作りも、人への接し方も、パフォーマンスも、
行ったことのない土地も、
身に起こるすべてが新しい自分への挑戦だと思って。


来年もよろしくお願いします!



うがい


NHKさいたま局のトイレにて発見!
斬新だな~。
アナウンサーってのはそうだよね、
ボーカリストもそうだよね。
芸能人は歯が命、ボーカリストは喉が命。
「来年は禁煙します!」
なんて死んでも言わないけれど、
やれることはやろうと思います(笑)

category: 未分類

阿吽8  

阿吽の呼吸 Vol.8

25日(1日目)

1.Stars
2.ラヴダンス
3.あの山の上から(With/加藤ケンタ)
4.ボーナスゲーム(With/加藤ケンタ)
5.はじまりのうた

26日(2日目)

1.陽気なマンボ
2.ラストアルバム
3.枯葉の数え唄
4.二人乗り
5.MUSIC LIFE
6.サイレン
7.カクレンボ
8.ラストシーン
9.祈り
10.1時
11.四月の雨
12.僕の空


エンディング

1.旅立つ人へ





ああー。


なんか、


みんなさあ、


言葉少ない。


話すことがない。


なんやろな、これ。





あー、実際、
阿吽7で全部やりきったわ(笑)


今回で終わりにして良かった。

だってね、

集まるだけでありえんムードや。


もう俺がやる必要ないし、
その前に「やりがい」がない!


ああ、ほんまに終わりにして良かった。




さよなら阿吽、また会う日まで。
阿吽がなければきっと今頃、車でも買ってた。
みんながいなければきっと今頃、子供でも作ってたわ。

それも幸せやったかもしれんけど、
何を犠牲にしてでも阿吽をやってこれて良かったです。


音楽をやってて良かったです。




ありがとう、みんなに会えて良かった。



俺、ここに在りきじゃ!!



category: 未分類

tb: 0   cm: 2

サンタがやってくる  

よりによってこんな日にさ。

原宿はクレープ三昧。
クリスマス一色だ。
ホームから改札口まで初詣かいっ!って混雑。



計9日間にも及んでしまったレコーディングも
昨日ついにTD終了。
年明け早々にマスタリング作業に入る。
overall+として現在までに販売したCDは
マキシ8枚とベストセレクションの1枚。
吉田もブログで書いているように、
レコーディング環境は今までとは全く違う。
宅録ならではの醍醐味もあるし、
それを前面に押し出してきたoverワールドを
知っている人は、今回の音源に驚くだろうな。

ああ、overall+ってロックバンドだったんだ、
って再確認したのは他でもないメンバー自身だった(笑)


昨夜、最終MIX確認のレコスタに向かう前に、
NHKさいたまに出演してきました。
俺のトークが若干NHK寄りなテイストだったことに
ウケた方多数(笑)
なんかね、改まってしまいまして。
放送でも言ったけど、来年はこの音源を持ってさ、
いろんな場所に行きたいと思ってます。
生まれて一度も海外に出たことのない俺。
その前に、この日本でさえ、行った事ない所多数。
楽しみです。



阿吽の準備のためやら、ジャケット撮影の準備のためやらで、
まさにディズニーランド状態な原宿でクレープ率の高さに、
思わずつられて並んでしまいました。嘘です。


サンタがやってくる。
阿吽がやってくる。

素敵な、プレゼントが出来上がったよ。
先着だからね。
早めにご来場ください。
今回もエビスオンリーでお待ちしているよ。


さー、始まるぞ。二日間!!







category: 未分類

tb: 0   cm: 0

RECそして阿吽へ  

いつもどんな風に歌っていたのか。

マジメに考えるとますますわからなくなって、

最終的にはその時々の感情で歌うしかない。



今、手にあるチカラと声で、
精一杯歌いました。

先月から始まったミニアルバムのレコーディングも
今日で6日目。
1日に3曲の歌入れは本当にキツイ。
歌っている俺よりもむしろコントロールルームに
いる人間の方がキツイだろうな。

みんなで頑張りました。
もうそりゃガテン系っすよ。
精神力と体力での勝負。


今回収録する楽曲の録音パートがすべて終了。
あとはMIXを残すのみ。


自主マキシからの引用曲ももちろんあるけれど、
今までで最高の、
今の俺たちができる最高の、

そんな曲たちが出来上がってます。


すべて終わって通して聞くことを考えると、
は~恐ろしい。


俺、号泣してしまうかもしれん。



なんという感情表現、
溢れすぎる切ない想いを
こんなにも歌い上げる曲。



今日は、自分で歌っていて、
泣けてきて、

それで音程が不安定になって、

でもみんなには言えなくて、

「ちょっと待ってください」

って一言言って、涙を拭いたりした。




overall+ってどんな感じの音楽なの?
って聞かれるのが一番困る。
いつになったらはっきりと答えられるんだろうって
ずっと思ってたけど、

今回のアルバムを世に出せば、
その答えが見えてくるだろうな。



そんなアルバムになりそうです。






響いてくれればいいのにな。



響け。響け。







aun8_Special2


どうやら、気負いと寒さで風邪をひいてしまったようだ。

鼻をすすりながら黙々と阿吽8への準備。


今回の特典はすごいよ。
阿吽ヒストリーブックって言えばわかるかな?

企画立ち上げから今までの指揮運営を披露系。
そして
参加してくれたいろんな人からの熱いコメントも。

そ。

あいつとか、あいつとか。ね。


読んでいるだけで泣いてしまう。




ご来場者全員に配布します。
12/25、26はいろいろと忙しいだろうけど、
もしどちらかだけでも時間ができたら
是非遊びに来てね。


大切な大切な友達が、

すごく優しい言葉をくれた。

その言葉がずっとずっと頭の中を
グルグル回って、

それで涙が出てきた。


喉がキューってした。


そんな感じの、

愛しい愛しい一夜だ。




もうすぐ。
ジングルベルなんか聞いてる場合じゃねー。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

自己追跡中  

週末、早朝の新宿とはいえ、
あまりのマナーの悪さに、
ついに喫煙席が4Fに追いやられた店内。

いや、マナーとかいう次元じゃない。
約8割の人がうつ伏せに睡眠中、
3人ほどが独り言を誰かに話している。
深くジャンパーを頭からかぶって
震えている少女、その向かいでじっと
俺の方を見ている年配の男性。

なんだ、ここは。
あんなにマズイハンバーガーを食べたのは
生まれて初めてだ。
半分残して、コーヒーには一口も手を出さず、
店を出た。

怖かった。

教育基本法改正に賛成する(安易)




青山 月見ル君想フ

1.Stars
2.1時
3.あの山の上から
4.はじまりのうた
5.ボーナスゲーム
6.カレン
7.サイレン
8.四月の雨


新宿LOFT 
midnightcharm+R ~a year-end party~

1.カレン
2.あの山の上から
3.ラヴダンス
4.1時
5.サイレン



いろんなことが見えてきた。
そしたら、いろんな問題も出てきた。
それぞれを突き詰めて考えていけばいくほど、
本来、何がやりたくて、
どんな自分でいたいのかが喉の奥でグルグルと。

最近のライブは、そんな自分と戦っていることが多い。
そう思える今、
ただならぬ可能性に満ちた力を感じている。
幸い、
今年いっぱいのライブと、
新年からの決まっているライブは、
それぞれに思い入れのある企画ばかりだ。

なんか、
なんか、新しい自分と出会えるような、
そんな気がしてます。





takunn


見つけた瞬間、
手にとって、10秒間真顔。

そのまま棚に帰す時の、その自分の姿に
声には出ない面白さが。





ところで



LOFTBARは相変わらずの温かいムード。
今年もお世話になりました。
最高にいいライブが出来て気持ちよかったです。




つまらなくても、拍手していいよ。
面白くなくても周りが笑うなら笑えばいい。

つまらないものを、つまらないと言い切る強さが
僕らにあったならば、
俺は歌など歌ってはいない。



「本当は違う」

その心がなければ、
幸せを幸せだと認識することさえ、
この世には存在しないのだから。




追いかけろ、自分。


category: 未分類

tb: 0   cm: 0

official site

月別アーカイブ

▲ Pagetop