山田明義 Schedules ホーム »2006年11月
2006年11月の記事一覧

overall+■REC奮闘記-おさらい編-  

recYossy


REC4日目終了。
出来上がった最終MIXを聞いた時の衝撃はすごかった。
メンバー、エンジニア、スタッフの手前、
目頭が熱くなっていることを必死に隠そうとしてた。
思っていた以上の音、
自分自身そのものがスピーカーの向こうで叫んでる。
必死に歌ってる。

感動した。


中間地点に差し掛かった今回のレコーディング。
いやあ、そうですよ、そうですとも。
こんなちっぽけで無名なバンド、
そんなさあ、ソファでプカプカ進行してるわけじゃ
ないです。
いろんな人の力に支えられながら、
セカセカ、バタバタとあまりに詰め込みすぎて(笑)

ざっと今までの流れをおさらいしてみようか?

1日目 課題3曲分のリズム隊強引に3曲REC!
   同時進行でヤマダ、ヨシダのベーシックギターも弾く!
   あまりのハードさに晩ゴハンも抜きで頑張る。
   (オサムさん、スイマセン!)

2日目 1日目に録音した3曲に対して、そりゃもう行ったり
    来たりのギター録音オンパレード。
    後半は1曲分歌入れ決行!3時間歌いまくり。
    今日はメシ食べようよ、って向かいのラーメン屋へ!

3日目 勝負!残り2曲分の歌入れいざ本番。
    4時間と2時間を歌い上げて、さらに
    ギターソロ関係詰め込む!
    オサムさん曰く「ここなら10分で出前来るよ」って
    蕎麦屋の出前を猛スピードで早食い(笑)

4日目 さあ残りのギター炎のイントロ仕上げ!
    そしてMIXに突入でオサムさん缶詰!
    その間にメンバー&スタッフで今後の打ち合わせ!
    メシはコンビニ弁当で早食い競争状態!
    

ありえないスケジュールに突っ込みながらも、
「まあ、やりたいことしっかりやって、ゆっくりと」
って物凄くリラックスさせられる言葉をかけてくれるエンジニアの
杉山オサムさん。相当な期待感を遥かに超える仕上がりに
そりゃ涙も出るわよ、アナタ。

こんなスケジュールで進んでました。
overall+、満を持しての作品REC。

来月は後半戦、あと3曲の進行が残ってます。
頑張ります!

recT

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

ココロを閉じ込める  

REC3日目終了。

は~~、俺ヘタクソだなー。
と反省しつつも、
ヘコんでいる暇は1秒もないのである。

明日も続行されるRECのプランについて
いろいろと深夜までスカイプ御礼。

いい出来に仕上がってます!
などと、浅いことは到底言えない。
さらなる可能性を感じてもらえる作品に
仕上がるか、そうでないかほどの
遠い先々を見据えた上での不満の嵐。

もちろん、今は今の全力をしっかりと
ハードディスクに収めています。

今、ある限りの自分たちの力と、
今、ある限りの環境の中で、
一人でも多くの人に伝える事のできる音楽を。



ココロ、ここにあるかどうか。






生きている、と実感できるのは、
不完全な自分に嫌気が差す時だ。
「あがいている」
その醜さが、時に一番美しい。



いい訳だと言うのなら、
リリース後に言ってくれ。




楽しいな。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

原作者は語る  

久々に「時間を返せ」と思う映画を見て
少々イラついているヤマダです。

それでも金は動き、
人は愛想振りまき、
建て前、お仕事、
世の為?ううん、我がの米の為。
一流の役者はそれでも言います。
「すばらしい映画です。」

原作が放っていたパワーはどこへやら。
それを重んじようとする熱き人間から
始まって、言葉は重なり、価値観は交差し、
あげく巨大スクリーンに映し出されたのは
原作者の悔し涙??

作者がすべてを賭けて書き上げた作品は
100万の人々に評価され、
お金の匂いを嗅ぎつけた輩が寄って集って
その芸術を踏み倒す。

「100万部売れた作品がついに映画化!」
を売りに見事ツタヤの上位ランキングに
”ねじ込む”ことに成功すればあとは簡単。

「ランキング上位だから」
「すごい人気らしいよ」
に弱い国民はドシドシレンタル満員御礼!

「面白かった映画」は記憶に刻まれ、
「面白くなかった映画」は何事もなかったかのように
忘れ去られて中古DVD屋で格安カゴの中。
そう、ノストラダムスのハズれた数々の予言みたくね。


面白くなくても映画館はカップル三昧。
デートコース費用であっさり消費。
映画館はそれなりにガッポガッポ。
映画制作会社は「信念」無しにガッポガッポ。
映画監督は脚本のせいにしてガッポガッポ。
脚本家は監督のせいにしてガッポガッポ。
原作者はあくまで小説家。
いいよ、アンタはすごい。すごいぜ。


ま、しょーがねーな。
しょーがねー。
だって見てみないとわからんし。

しかしなんだろな、このイラつきは。



頑張ります、よ。





category: 未分類

tb: 0   cm: 0

中野旅情  

買い物籠を片手に100円ショップ店内を歩く。
もうすっかり常連で、500円で一つスタンプを
くれるから、会計が420円だと「あ、ちょっと
コレもください」と完全にしてヤラれ。

今夜も手軽なヘルシーメニューを考えながら店内を
ウロウロしていたら

「あの、下。」

と、お兄さんが声をかけてきた。

下をみると、パスタが10本ぐらい落ちている。

「ん??」


後ろを振り向くと、最初に見ていた野菜コーナーの
エリンギの辺りから、おでん前、ヨーグルト前、
アンチョビ前を回ってパスタコーナーに至るまで、
俺の足跡の代わりに、パラパラとパスタがついてきている。

「!!」

籠の中のパスタの袋が破れていた。
店員が全然気付いていない様子だったので、
だからって、「あの、破れて落ちたんです」
と、このタイミングで言うと、わざわざ拾わせる
ハメになってしまうから、ここは言わずにせっせと拾う。

ほこりまみれの束になったパスタと破れた袋に残って
いるものを店員に差し出した。

ああ、あの店内に散らばったパスタを写真に撮るほどの
勇気が俺にあれば、ブログでみんなに見てもらえたのにね。

残念ショウ。


しょぼ、、、



レコーディング。
今日は歌入れがあった。
吉田の炎のギターソロ?違うな、
超ドラマチックで感情的な、
「顔で弾く」ギターソロも聞けたし、
イライラするほど主張してくる琢の
超クールなベースプレイ感じながら歌ったし、
思わずとも身体が揺れてしまうような
タイトなグルーヴの組長ドラム体力限界地点も
気持ち良かったし。


んーーー、
いや、俺はまだこれからが本番なんで。
歌いたいサウンドが整ったところで、
来週の今頃はガンガンにロックシンガー。



共に戦場で会おうぞ

って約束したのに。
全くもって参加できなかったcanappecoワンマン2デイズの
悔しさは残りつつ、例のPVでさらに闘志燃やしつつ、
生クリーム仕立てのたらこパスタを食べている夜更け。


ターラコー、ターラコー、
ターラコー、ターラコー、、、


rec_y


いざRECともなると、テキパキとギターダブを小茄子吉田くん。

こなすランボー古田。


ん?


兆し・・・??



あ、そうそう、

RECもほどほどに。
ライブだよ、ライブ!!
ライブスケジュールが全然更新されていないので
お知らせしますが次回12/15はあのワニコフとゲントウキとの
3マンですよ!
19:00からトップバッターで45分間の熱唱タイム。

木村さんとの念願のタイバン。
RAGでご一緒した日から何年経ってるんだろう。
とにかく楽しみです。
是非、来てください。
近いうちにライブスケジュール更新されると思います。
年明けまでぎっしりライブ決まってるんで(実は・・)



ガスが止まる前に、風呂入りてー。
珈琲風呂、入らずして死にきれんしな。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

REC前夜  

明日からレコーディング。
ミニアルバム制作開始ってわけだ。

慣れた曲も、初めての曲も、
一通りリードシートを書き、
ガイドトラックもセカセカとね。
cubaseのタイムストレッチは結構使えるなあ~
なんて感激しながらテンポを変えて歌ったフリをね。

愛用のプリンターが永眠されたおかげで、
プリントアウトは毎回近くのネットカフェ。

さっき真夜中をバイクで走ったら
物凄い霧雨(?)、雨じゃないなあ、
なんていうのアレ。霧?
前が見えないほどだった。

信号機も、街灯も、いつもの3倍に見える。

それがなんとなく綺麗で、しばらく眺めてたり。
写メ撮っても意味ないだろーなってパシャリとしたり。
赤や、オレンジの光がぼやけてフワフワしてました。


明日からレコーディング。
朝早いのにまた夜更かしか。


あ、今日、体重計買いました。980円。安!



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

official site

月別アーカイブ

▲ Pagetop